まずは、見学のご予約をお願いします。

お電話やFAX、お問い合わせフォームよりお気軽にお申し込みください。

TEL:092-984-5511 月~土・祝日 10:30~18:30 
FAX:092-984-5512

WEBからのお問い合せはコチラへ

日常生活や障がいの状況についての面談と
サービス内容やご利用方法など詳しくご説明いたします。

見学・体験

入会のお手続き

受給者証をお持ちの方
利用日数に応じてすぐにご利用になれます。

受給者証をお持ちでない方
お住まいの自治体の福祉の窓口で受給者証の申請をしていただきます。
受給者証の交付を受けた後に利用契約を結び、利用開始となります。

※受給者証とは
福祉サービス「障がい児通所支援」を利用するために市町村自治体から交付される証明書です。

受給者証には保護者と児童の住所、氏名、生年月日、サービスの種類、その支給量(日数や時間数)が記載されます。

どうすれば受給者証がもらえるの?

1.利用相談
受給者証は住んでいる自治体の行政の福祉の窓口で申請します。

2.放課後等デイサービスを見学

サービスを受けたい施設を見学します。
その際に利用プランなどについても具体的に相談しましょう。

3.市役所の障害福祉課の窓口に申請
1)利用したいサービスが決まったら必要書類(いずれか)
・診断書
・発達検査の結果
・通級証明
・療育施設の通所証明(幼児研究所等)

2)印鑑

3)「サービス等利用計画案」
相談事業所で作成します。

※「サービス等利用計画案」とは
月にどのくらい放課後等デイサービスの利用を必要としているか等を記載します。

4.調査

市の調査員によるヒアリングをうけます。

5.受給者証の交付(申請後2~3週間かかります)

支給が決定したら、受給者証が交付されます。郵送や直接受け取りに行く場合など、市区町村によって受け取り方法は様々です。

6.利用開始

受給者証と障害児支援利用計画を持って事業所にいき、サービスを受ける契約手続きをします。印鑑や健康保険証、持っている場合は療育手帳・障害者手帳など、その他に必要な持ち物は事前に確認しましょう。契約したら利用がスタートできます。

 

放課後等デイサービスは障がい児給付費の対象となるサービスです。
受給者証を取得することで国と自治体から利用料の9割が給付され、
原則1割負担ですが、前年度の年間所得によっては負担額が0円であったり、
1割以上である場合もあります。

※以下は基本料金例で、支援内容によって単位加算されます。

  一日あたりの利用料(平成29年3月現在)
平日

基本単位482+児童発達支援管理責任者加算205=687単位
687単位×(10.6円)×負担額1割=728.2円

基本単位(478)+児童発達支援管理責任者加算(205)+送迎加算(108)=791単位
791 × 地域区分単価 (10.6円)×負担額1割 = 利用料金 838.46円
※学校から事業所、事業所からご自宅までの送迎加算を含んで計算しています。

学校休業日 基本単位 (616) + 児童発達支援管理責任者加算 (205) = 821単位
821 × 地域区分単価 (10.6円)×負担額1割 = 利用料金 870.26円
※ 送迎加算がないものとして計算しています。

※おやつ代・教材費などの実費負担額が別途かかります。
※単位は、年度毎に改定されます。上記単位は平成29年3月現在のものです。


■デイサービス利用時間
月曜日~金曜日 13:00~17:30
土・祝・長期休暇 10:00~16:30
※日曜日を除く。お盆・年末年始については御問い合わせください。
■事業所の営業時間
月曜日~金曜日 10:30~18:30
土・祝・長期休暇 9:00~17:00
※日曜日を除く

ページトップに戻る